担当顧問制度

1日でも早く、そしてより大きなコストダウン成果を上げる為に必要な最大条件は、「強いリーダーの存在」です。

しかし、なかなかそのような人材がいないのが実情です。

それもそのはずです、営業部、総務部はあっても、コストダウン部など存在しません。

と同時に長年にわたって蓄積されたノウハウもありません。

そうした人材を内部に求めるのではなく、弊社を外部コストダウン部としてご利用下さい。

コストダウンを推進するリーダーは、ある意味、「嫌われ役」です。

弊社とご契約頂く以上、

  • 社員の皆さんに負荷のかからない
  • お客様にご迷惑のかからない
  • 御社のサービス品質を落とさない
  • 後戻りしない(不可逆)


「明るいコストダウン」を実施して参りますが、時として、既存の業者を切り替える必要に迫られる場合もあります。

また、即効性・効果性の高いコストダウン成果を目の当たりにして、「なぜもっと早く取り組んでおかなかったのか」という気持ちに経営者がなる時もあります。

コストダウンと言えば、トップは総務部、経理部に指示することが多いものです。指示された方はトップ命令ですから止むを得ないとは言え、従来の時間にさらに時間を使うことになり、成果を出すことが強く求められ、成果を出せば出したで、先の「なぜもっと早く取り組んでおかなかったのか」という矛先が向かい勝ちです。

弊社が支援させて頂く以上、そうしたことを代理支援し、矢面に立たせて頂きます。

それが弊社 コストダウン担当顧問制度です。

コストダウンの意味からも御社への訪問は必要最低限に留めますが、訪問が発生した場合には、弊社本社からの交通費・宿泊費実費のみご負担下さい。

年間1,000万円(税別)の1年契約を結んで頂きます。

1年間でそのコストダウン効果が、2,000万円(税別)(弊社 成功報酬1,000万円相当分)に満たなかった場合は、その差額計算を行ない、返金させて頂きます。

逆に2,000万円(税別)以上のコストダウンが実現した場合は、翌年 50%、翌々年 25%を成功報酬として頂戴致します。

※なおコストダウン成果算定の際に、御社訪問に伴う交通費・宿泊費の実費は原価として引かせて頂きます。

但し、契約に際し、以下のことをお約束下さい。

  1. 社員間、担当者の過去は問わない。責めない
  2. 聖域を設けない
  3. しがらみにとらわれない
  4. プロジェクトを経営トップ特命のプロジェクトとする

コストダウンのお問い合せ

あなたの会社の経費、見直されていますか?

御社の経費を無理なくコストダウン

電話でのお問い合せ
フリーダイヤル 0120-875-430
株式会社コストダウン

毎週ひとネタ 知って得するコストダウン情報! タイトル画像

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム